デリケートなお肌を守るケアを徹底

素肌.com

激しい運動も禁物

タトゥー除去をした肌は軽い火傷を負っている状態にあります。そんなときに激しい運動をするのは以ての外!状態を良くする為にも、医師から指示されるアフターケアを怠らずに過ごしましょう。

大事なケア法

風呂上りの保湿

削皮法の場合、数ヶ月はその箇所に水を当てることすら禁じられるケースもありますが、それ以外の施術ならシャワーから始めることができます。入浴やサウナは当分避けた方が無難でしょう。
お風呂から上がった後は肌が乾燥しやすくなるので、なるべく毎日ボディクリームやワセリンなどで保湿することが大切です。

ソフトなタッチ

どの施術にしても、タトゥーがあった箇所を焼いたり削ったりしているため、皮膚はその回復に向かう途中にあります。かさぶたができてもそれをはがさず、できるだけ自然のままに回復を待ちましょう。
そのためにも施術を受けた箇所は、体を洗うときにも気をつけてソフトタッチを心がけること。

徹底的な紫外線対策

紫外線は肌へ強いダメージを与えてしまいます。紫外線対策は怠らずにしっかり行ないましょう。特に、レーザー治療を受けた後の肌は照射した箇所が赤く変化します。その状態で紫外線を浴びるとメラニン色素が生まれやすく、厄介なしみの要因にも。そのため、福岡にあるクリニックでは、術後に軟膏を塗布し保護テープを貼ってもらえます、

術後の禁酒

飲酒は体へ負担を掛けます。皮膚表面を施術によって焼いたり削ったりしたときに、内部ではその回復の為に細胞が働きかけている状態。そんなときにアルコールが入ると回復への働きがままならなくなる為に、過度の飲酒や運動を控えるよう指示されるでしょう。

これまで変わる生活

効果高いタトゥー除去によって、これまで人に見せられなかったタトゥーも目立たなくなります。公の場での水着着用や子どもとのレジャー、自分へのけじめなど、人によってさまざまな目的達成となるでしょう。今後の生活に変化が訪れることに期待が掛かります。

広告募集中