タトゥー除去で感じる爽快感

素肌.com

消すことで得るメリット

海やプール、サウナで遊べる

福岡を始め、公の場となるレジャー施設では、例えワンポイントでもタトゥーがあることで入場を制限されることが多いものです。友達や家族と楽しめる場に限りがあるのは何とも寂しいこと。
しかし、タトゥー除去のおかげでそのネックからは開放されるでしょう。後ろめたいという感情も一掃されます。

自由な夏のファッション

当然のことながら、冬よりも露出の多い夏のファッションはタトゥーが隠れるか否かを考えていたはず。ファッション感覚で入れていたタトゥーであっても、場所によっては適さないとみなされがちなものです。

就職の為に消す人も

企業の中にはタトゥーが入っている人をお断りするところもあります。タトゥーが人格を決めるものではありませんが、一般的な主観からいい目で見られない姿勢が日本にあるのは事実。今後の自分がどう在りたいのかを考えてどちらかの道を選びましょう。

まっさらな素肌を手に入れた喜びの声

かっこいいから、という理由だけで入れたトライバルを綺麗に除去 (男性・20代)

本気で好きになった彼女に初めてタトゥーを見られたときの後悔が拭いきれず、思い切って全て除去しました。自分はレーザー治療を選んだので痛みは本気でやばかったけど、除去して後悔したことはただの一度もありません。やってよかったと思うばかりです。これで彼女の家族に挨拶をしても後ろめたいことはありません。

母親になって気になる背中 (女性・30代)

私は虎とか龍とかごつい柄が入っているとかではなく(笑)背中に自分へのメッセージとして羽と英文が入っているくらいだったけど、子どもが生まれて一緒にお風呂に入るときに気になり出しました。痛みを考えるととっても怖いけど、大きくなる前には消したいなって思っていたので消せてよかったです。

反対されて除去施術を決意しました (女性・20代)

私自身、先輩に入れてもらった刺青に今となっては思い入れもありませんでしたが、フィアンセに「それだけが気になる」とタトゥーのことを指摘されて消すことにしました。入れてしまったのは自分の判断だし、痛いからいやだとかの前に、今はフィアンセの存在が大切になったので決意したまでです。

おっぴろげに海で遊びたかった! (男性・40代)

ずっと消したいと考えていたものの、金銭面からタトゥー除去を断念。こんなにもアウトドアが大好きなのに、海ではいつも砂浜で待つのが本当にいやに。(ラッシュガードを着る人は多いけど、隠すなら入れるなと思っていたので笑)意外にそこまで高くなく、この年齢でやっとですが、消した今は爽快感しかありません!

自分だけではないその責任 (女性・20代)

若気の至りといえばそこまでです。私は若気の至りを一生涯後悔しながら生きるのか、と思ったらこれまで重かったお尻が持ち上がりました。タトゥーは結婚した以上、自分だけの問題ではないのです。子どもと夫にも綺麗な肌を見てもらいたいと思ったことが私が除去を決めたきっかけでしょうか。

広告募集中