コスパも食いつきもいい。残さず食べてくれる

ドッグフードは無添加のグルテンフリーがいいのかどうか分かりませんが、
我が家のトイプードルは今の無添加のグルテンフリーに変えてから、食いつきがよくて残さず食べるようになりました。とにかく食いつきが凄いです(゚д゚)

 

毛ツヤも良くなったし、体を掻かなくなったり、できものが少なくなったりと健康になりました。

 

>>おすすめの無添加グルテンフリーのドッグフードはコレ

 

私がグルテンフリーで無添加のドッグフードを選ぶようになったきっかけは、愛犬の毛つやがなくなってきたり、痒そうに掻いていることが多くなってきたからなんです(´・_・`)

 

飲ませるお水をミネラルウォーターに変えたり、アレルギーが起こりにくいようなペットシャンプーを使ってみたりしたんですが、あまり効果がありませんでした、

 

それで、獣医さんに相談したところご飯にアレルギーがあるかもしれないとのことでした。
ワンちゃんも人間と同じように食事にアレルギーがあることがあるんだって初めて知りました。

 

特に、ドッグフードには小麦や牛肉、豚肉、ラム肉、チキンなど色々な原料が使われていて、ワンちゃんのアレルギーになってしまうものがあります。
アレルギーはワンちゃんによって違うみたいなので、グルテンが悪いとは限らないみたいですがうちの子は小麦が原因だったようです(゚Д゚)

 

今の無添加でグルテンフリーのに変えてから、栄養バランスやカラダによいとかよりもりもとにかく美味しいみたいですね。
犬も美味しいものってやっぱり好きなんですね。

 

 

ご飯の時にはいつも食いつき抜群なので、

 

「そんなにうまいんか〜」

 

と声をかけても全く無視で、サクサクぺロリです。

 

ご飯の容器もきれいに舐めまわして、おっさんみたいにゲップをしているのを見ると「そんなに旨いのか?」って思うときもあります(`・ェ・´)

 

通販ならメーカーに直接注文できるからペットショップとかで買うよりはるかに安いし。スマホでサッと注文できますしね。
通販で買えば家に届けてくれるので楽です。

 

それに、添加物がいっぱい入っているもので病気になったり体調が悪くて薬を飲む必要があったりするより、結局はコスパもいいです。

 

しかし、最近の無添加のドッグフードは人間でも食べられるものもあってびっくり。そりゃあ食いつきも良くなるわけだわ(゚∀゚)

 

無添加でグルテンフリーのドッグフード選びの体験談

ドッグフードデグルテンフリーのものは意外と色々あって選ぶのも大変です^^;

 

私は獣医さんに相談したり、実際に買って試してみているうちにワンコのお気に入りで栄養もあるものを見つけることが出来ました。

 

マルチーズやポメラニアン、しば犬、ゴールデンレトリバーなどの犬種によっても好みも必要な栄養も少し違うようですし、個体差もあるので色々試してみるのがおすすめです^^

 

私がおすすめできると思うドッグフードの選び方をお話します。

 

ドッグフードは海外産と、国内のものがありますよね。

私は国内産でも海外産はどっちでもいいと思っています。
日本のドッグフードの基準って世界的に見ると全然甘いみたいです。

 

ドイツとかアメリカとかではペット事情も凄く進んでいて、ペットフードに使える原料とか添加物にも非常に厳しい基準があります。

 

私は国産の食品が美味しいとおもうし安全だとおもっているので、国産のドッグフードを選ぶことが多いです。
海外産でもちゃんとしてるものなら、国産で添加物がいっぱいの大袋で売られている安いものよりはるかにマシだとおもいます。

 

一番長く愛用しているのは国産のドッグフードですが、ワンコによっては海外産の方が食いつきがよかったです。

 

原料が人間でも食べられるものを使っている

人間が口にしても平気な原料を使っているものをヒューマングレードといいますが、ヒューマングレードのものを選ぶようにしています。
人間が食べられる材料を使っているドッグフードって栄養バランスがどうこうよりも、とにかく食いつきがいいです。

 

体によいものを美味しいと感じるのは人間と同じなんですね。

 

犬の専門家が監修している

 

私が注意するようにしているのは獣医さんが監修しているものです。
やっぱり専門家が最先端の医学の知識で、犬にとっててよい成分や悪い成分を判断してくれていると安心です。

 

脂っぽくない

ドッグフードがテカテカ光っていたり、やたらと脂っぽいものは避けたほうが良いです。
酸化防止剤として油が沢山吹き付けられている可能性が高いです。

 

ギュッと絞ってみて油が出てくる感じがするものはやめといたほうがよいです。

無添加グルテンフリードッグフードランキング

私がうちのワンコにあげてみて食いつきがよかった無添加のグルテンフリーのドッグフードをまとめててみました。もし同じように悩んでいて参考になれば嬉しいです^^

 

ナチュロルはグルテンフリーでグレインフリーで100%無添加の珍しいドライフードです。
ナチュロルは100円からお試しができるのがよかったです。

天然の新鮮なお肉が入っていて余計な原材料が使われていないからか食いつきがよいです。てか、食いつき抜群です。

うちのトイプーはコレに変えてからアレルギーの症状と思われるものが出なくなりました。

定期便は初回から8日後に2個目が発送されますので、初回のお試し品が届いてからキャンセルすることができます。安いのに定期縛りもありません。

>>ナチュロルの詳細はこちら

国産、無添加で獣医さんも監修しているので、安心で安全高品質なのがよいです。

これはうちのマルチーズとチワワが食べているんですが、食いつきが凄く良くなったのと、涙やけが少なくなりました。

小型犬でも食べれるように粒が小さくて食べやすい大きさなので、小さいワンコでもカリカリいっぱい食べてくれます。

今の子はパピー期を過ぎてから食べさせてますが、高齢のシニア犬になっても長生きしてくれるといいなと思ってです。

これにしてからチワワの口臭やニオイもだいぶ減りましたよ。ドッグフードって口臭とか体臭に関係するんですね。

>>Dr.ケアワン無添加ドッグフードの詳細はこちら

新規バナーブッチはペット事情が世界一厳しいニュージーランドで一番人気があるドッグフードです。

ウェットタイプの生のペットフードで、これをフレンチブルドッグにあげてみたときはものすごい勢いでがっついてびっくりしました。食いつきがヤバかったです。

犬や猫は本来肉食なので、ブッチみたいな水分を含んだ生肉タイプのペットフードが好きみたいですね。

生肉だと管理とか衛生面が心配ですが、ブッチは小分けになっているので管理が楽です。

値段は高いのが難点ですが、初めはトライアルセットで色々試せるのがよかったです。
グルテンや保存料などは無添加です。

>>ブッチの詳細はこちら

ナチュラルドッグフード ラム肉イギリス産のナチュラルドッグフードです。

アレルギーとなる原料や添加物をなるべく使わない低アレルギーです。

原料に生のラム肉を55%も使っています。ラム肉って美味しいですよね。
北海道のジンギスカンは何回でも食べられます。

うちの子はラム肉が体にあわなかったので途中でやめました。

他のお肉でアレルギーが出てしまうワンちゃんや、馬肉好きの飼い主達の間で最近人気沸騰中みたいです。

>>アランズナチュラルドッグフードの詳細はこちら

馬肉自然づくりは馬刺し専門店の馬肉を原料にしたドッグフードです。馬肉が好きな犬にとってはたまらないみたいですね。

刺身で食べられる新鮮な馬肉を原料に使っているので自然派でオーガニックなのも安心ですね。小麦フリーで獣医さん監修です。

馬刺しって人間が食べても凄く美味しいですよね。私は熊本に行ったら必ず食べます。

馬肉は低脂質なのでヘルシーですし、栄養価も非常に高いです。馬肉を上げてみたことがあるんですが、めちゃくちゃ凄い勢いで平らげてました。


>>馬肉自然づくりの詳細はこちら

 

口臭や涙やけはサプリで腸内環境を改善するとよい?

 

前に、獣医さんにドッグフードの相談をしたときに聞いたんですが、ワンコも人間と同じで、腸内環境が悪いと涙やけや口臭、体臭の原因になってしまうそうです。
腸内環境がわるいと、食べたものをちゃんと消化できずに体の中に悪いものが溜まってしまうそうです。

 

それを聞いてから腸内の環境を改善してくれるサプリも飲ませてあげるようにしました。

 

せっかく無添加でグルテンフリーのドッグフードをあげているのに栄養をしっかり吸収できないと意味が無いですし。
人間が飲んでも大丈夫な原料をつかっているサプリなので人間も飲めます。たまに飲んでみています笑

 

>>獣医監修サプリキュアペットの詳細はこちら

グルテンフリーのドッグフードの疑問

グルテンって本当に悪いの?

グルテンって本当に悪いの?

最近ワンちゃんだけじゃなくて人間の食べ物でもグルテンフリーの話を良く聞きますよね。
テニスプレイヤーのジョコビッチ選手がグルテンフリーの食事に変えてから一気に強くなったという話が有名です。

良く誤解されるんですが、グルテンは小麦や穀物そのものじゃなくて、小麦などの穀物からから取れるタンパク質のことです。

 

このグルテンはワンちゃんによってはアレルギーを起こしてしまうワンちゃんがいますので注意が必要です。
ただ、牛肉や豚肉やラム肉など他にもアレルギーを起こしてしまう原材料は色々あり、犬種や個体差があるんです。

 

なので、グルテンが完全に悪者ということではなくて、健康なワンちゃんにとっては貴重な栄養源となります。
人間も小麦にアレルギーが無い人にとってはパンをとっても面を食べても何の影響も無いのとおなじですね。

 

グルテンがはいっているドッグフードは、アレルギーがあるワンちゃんにとっては悪いものなので、体調が悪い時にはグルテンアレルギーを疑ってみるのも大切だとおもいます。
獣医さんのところで小麦や他のものにアレルギーがあるかどうかを調べることことが出来ます。

グルテンフリーとグレインフリーの違いは?

グルテンフリーとグレインフリーの違いは?

グルテンフリーは小麦などから取れるグルテンを入れていない(フリー)の意味で、グレインフリーはグレイン(穀物)そのものを使用していないという意味です。

 

大きく枠で考えると小麦などは穀物に含まれますのでグレインフリーの場合はグルテンも入っていません。
グルテンフリーの場合は小麦などのグルテンが多い穀物を除いているので、大麦や大豆、米などの穀物は入っています。

 

大麦や大豆、米などにも多少はグルテンが入っていますので、グルテンが完全に入っていないものを選びたい場合はグレインフリーのものを選ぶようにするとよいです。